daruma

岩屋観音・だるま滝

天然の岩の中に埋もれているような小さなお社。津軽三十三観音の二十一番札掛所となっています。
だるま滝は、鬼泊トンネルから奥平部地区に行く途中にあり、よく見るとだるまのような形をしている滝です。

住所:青森県東津軽郡今別町奥平部砥石

菅江真澄との関連

天明8年(1788)、真澄はこの地を訪れ、絵図を残しています。
【『外が浜伝い』より一部抜粋】
胎内潜とも犬潜とも、あるいは白犬潜ともいって、高さはいか程あろうか蟇股のように分れた岩窓を通って、まもなく母衣月の村で一休みして舎砂浜に着きました。地蔵の滝というのが桧原のあたりをおもしろく落下しています。